Web UIプロトタイプ自動生成ツール
公開日:2009年3月31日
最終更新日:2010年6月11日
芝浦工業大学大学院 工学研究科 機能制御システム専攻 ソフトウェア工学研究室
小形 真平
研究室のHPへ    大学のHPへ
概要
システム開発の成功に向けて、ソフトウェアに対する要求を正しく十分に仕様化することが必要不可欠です。 そのため、開発者は要求仕様の妥当性を顧客との間で十分に議論する必要があり、この前提として両者にとってモデルが容易に理解できるものでなければなりません。

その理解支援を目的として、業務系Webアプリケーションを対象にオブジェクト指向分析を基礎として、 UML(Unified Modeling Language)モデルから UI(User Interface)プロトタイプ を生成する手法の研究と
ツールの実装を行ってきました。

ここで、UIプロトタイプとは、例えばWebページのようなUIのみを実現したシステムの模型であり、機能を持たないものを指します。

本ページでは、UMLモデルを入力としたUIプロトタイプ自動生成ツールを公開しています。

提案手法のねらい
ダウンロード
Java Runtime Environmentのダウンロード
Javaのサイト(http://www.java.com/ja/) からJava 6 以降(アップデート版を含む)のバージョンをダウンロードして、インストールして下さい。
astah* communityのダウンロード
本ツールは、ChangeVision社のモデリングツールastah*で定義されたUMLモデルを入力とします。現時点では、astah* community(無償)のモデルに対応していることを確認しています。
astah* communityのダウンロードは公式サイト(http://astah.change-vision.com/ja/) からお願いします(要ChangeVisionメンバーズ登録)。 本ツールはastah*の下記バージョンに対応します(2010年6月11日現在)。
  • astah* community 6.1
プロトタイプ自動生成ツールのダウンロード
各バージョンに応じたプロトタイプ自動生成ツール version  ダウンロード
astah* community 6.1用プロトタイプ自動生成ツール  20100611 ダウンロード

※プロトタイプ自動生成ツールの本体である「UML2PROTO.jar」の名前は変更しないで下さい。
セットアップ方法
  1. ツール(圧縮ファイル)をダウンロードし、任意のフォルダに解凍する。
  2. JUDEのインストールフォルダにある下記のastah* APIのライブラリファイルを

    astah* communityの場合
    astah-api.jar
    astah-community.jar

    プロトタイプ自動生成ツール(UML2PROTO.jar)と同列のフォルダにコピーする。
  3. UML2PROTO.jarをJavaにより実行します。下記のウィンドウが開けば起動は成功です。


    ※生成元となるastaファイルをastah*で開いている場合、ファイルがロックされてしまい、ツールに読み込むことができません。 開いている場合でもファイルをロックしない方法として、astah*のメニューバーの[ツール]→[システム プロパティ]を開き、[ファイル]メニューを選択して、 [プロジェクトを開く時にプロジェクトファイルをロックする]のチェックを外し、astah*を再起動して下さい。
Publication
問い合わせ先
ご意見がございましたら、m107020[at]sic.shibaura-it.ac.jpまでお願いします。
※[at]を@に置き換えてご連絡ください。

研究室のHPへ    大学のHPへ